インタビュー

インタビュー

神経内科・脳神経外科勤務
看護師 職歴5年 専門学校日本医科学大学校出身
一緒に患者さんに信頼される看護師を目指しましょう!

現在の部署での仕事内容、部署の雰囲気や特徴をご紹介ください。
脳神経外科・神経内科では、失語、麻痺、高次脳機能障害を持った患者さんが多く入院されています。いろいろな症状がある患者さんに応じた、より個別性のある看護を行うために、日々メンバーとカンファレンスを行い、患者さんの気持ちに寄り添いながら看護を実践しています。新人育成支援ではプリセプターを中心に師長をはじめ病棟スタッフ全員で関わり育てています。また、一年間だけでなく二年目になってもプリセプターが相談役となり、継続したフォローが行えるようにしています。分からないことは一緒に勉強したり、勉強会の議題に挙げるなどして共に成長出来るよう日々、励んでいます。


入職後、嬉しかったこと、感動・感心したこと、楽しかったこと、やりがいを感じたことをご紹介ください。
口数の少ない患者さんが日々の関わりの中で、少しずつ心を開いてくれて退院時、涙を流しながら「ありがとう」と言ってもらえた時にはとても嬉しかったです。また、臥床状態が続いていた患者さんがリハビリテーションや日々の日常生活動作の援助により、歩行できるようになる回復過程に携えることは毎回感動し看護師としてのやりがいを感じます。福利厚生も充実しており、永年勤続制度を利用して一週間スペイン旅行に行かせていただきました。スタッフ間も仲が良く定期的な食事会などを行い、日々の悩みや思いなどを共有する場となっており、とても楽しく仕事ができています。